MIYAJIMA SEAKAYA(宮島シーカヤック)の魅力

​宮島でシーカヤック体験が出来るって知ってた?

まだまだ知られていないMIYAJIMASEAKAYAK(宮島シーカヤック)をご紹介!

宮島って、どんな島?

人口は約1500人。鹿は約300頭。年間450万人を超える観光客で賑わう観光地です。​世界文化遺産に選ばれた厳島神社や大鳥居など、観光の名所となっている。

広島湾の西に対岸から一番狭い場所で300mの場所に宮島はあります。その場所は大野瀬戸と言って対岸から望むとまるで大きな川のようにみえます。

宮島の大きさは、周囲約30km、面積30.2km2で楕円形の形状をしています。シーカヤック体験をしている場所から南西方向に約9kmも島は続いています。

大鳥居が見えない!現在、歴史に残る大改修!

 厳島神社の大鳥居は1875年の建立から140年以上が経過し、損傷や老朽化が進んでおり、2019年6月から大規模な保存、修理工事に着手した。「令和の大改修」とも呼ばれ、終了時期は未定。

​さぁ着替えて海へ行こう!

​季節に応じたウエアをご用意しています。天候によってはカッパを着てツアーに出る。経験上、雨上がりの宮島が幻想的で美しく、いつもより多く写真を撮ってしまう。雨上がり海面が鏡のように穏やかになり、大鳥居が海面に逆さに写る。タイミング良く、海上にいないと出会えない。

​初めてでも大丈夫!しっかりレクチャーしますよ!

練習が終われば、海上から参拝しに大鳥居へ接近しましょう!海に立つ大鳥居の美しさ、そして迫力に圧倒されます。海の上は静かで、自分が自然の中にいることを実感します。厳島神社の沖は、比較的に穏やかで、島の山並みが厳島神社を守っているかのようです。そのおかげもあり、MIYAJIMA SEAKAYAK(宮島シーカヤック)では、通年シーカヤックツアーを行う事ができます。

慣れてくると、遠くへ行きたくなる!経験者向け!

​宮島を一周すると約28km!2~3時間のツアーで漕ぐ距離は3~8km程。宮島には、小さな砂浜が沢山ある。大きな桜の木がある浜があったり、横顔に見える岩のある浜、川が流れ込む浜など。お好みの浜で休憩しよう!

休憩といえば、栄養補給!宮島にはテイクアウト出来るスイーツがいくつある。勝谷菓子パン舗のコッペパンや紅葉饅頭がある。宮島には、世界初のもみじ饅頭の自販機まである。お好みのスイーツを買って浜で挽きたてコーヒーと一緒に食べる!最高の時間をお好みの浜で過ごしてみませんか?

​宮島を一周!

​所要時間は6~8時間。潮流を利用しながら、休憩をしっかり取りながら、宮島を一周する。朝日に向ってスタートすることもある。MIYAJIMASEAKAYAK(宮島シーカヤック)のコースの中でも、最も本格的なカヤックツアーだ。

朝日を見ながらスタートし、夕陽を背に帰ってくる。宮島の自然、瀬戸内海の自然を満喫することが出来るツアーだ。休憩では自由に昼食を作って食べてフリータイム。少し寝て体力を回復させるも良し、ガシガシ漕ぐも良し!

​プライベートもカヤックを楽しむ!ガイドの休日。

​宮島は、干満差が激しいため、満潮時の宮島一周、干潮時の宮島一周と、どのように地形が変化するかを把握しなくてはいけない。休日の午前中10時に帰って来れるように早朝スタートして宮島を一周する。

シーカヤックガイド春名のつぶやき

『旅をする』

​それは、まだ私の願望ですね!今は、愛する妻と娘、来年には家族が増えます。

そんなパパは、宮島を離れることはできません。今、旅に出たら帰ってきたころには『おじさんだれ?』って言われちゃいますね。

 

今はできることは

宮島をプライベートで一周したり、近くの島へ行くとき旅をイメージして、練習を兼ねています。いつか1カ月かけて瀬戸内を回ってみたい!そんな妄想をしながら漕いでいます。

 

シーカヤックの魅力は、自分の力で、旅が出来る船だということ。沢山の荷物を積むことが出来るシーカヤック。もしひっくり返っても、パドルを使って元に戻ることが出来る安全な船。

この太陽が昇る方向に漕いでいきたい!

​2019.10.13

ご予約はこちら/Booking Form

店  名  MIYAJIMA SEAKAYAK(宮島シーカヤック)

集合場所  〒739-0588  広島県廿日市市宮島町​624

営業時間  8:00~17:00(不定休)

電話番号  070-7565-4932

メール   miyajima.seakayak.535@gmail.com