​シーカヤックガイドが必要な4つの理由!

1.大鳥居周辺のローカルルールやマナー

​【大鳥居周辺で気を付けること】

*宮島の小鳥居周辺は観光船が大鳥居を潜るということ!観光船、ろかい船の邪魔をしないこと。

大鳥居の近くにはブロックが沈んでいること。潮位によって、また波によって座礁したり沈することがある。

*観光客の方は大鳥居の撮影をしている。大鳥居周辺に長く滞在しない。

*観光客の方は大鳥居の撮影をしている。大鳥居を潜ったら右へ曲がり大鳥居から離れる。

大鳥居を潜ったら速やかに右折して出ていくこと。

​*神社へ近づかない。

*フェリーの波が来ること。JRフェリーの船の波が大鳥居近くでは影響が大きい。潮位が低くなってきたとき、場所によっては波が高く危ない場所がある

​*夏場はマナーの悪い水上バイクがくること。

​*厳島神社では、ご祈祷や結婚式をしている。水上バイクは騒音を立てないようにアイドリングをすること。大鳥居から離れるまで!

2.宮島周辺の潮流と牡蠣の赤ちゃん

​*宮島の周辺で潮流の早い場所は3ノットを超える。早歩き程度のスピードだが、カヤックは歩く程度のスピードで進む。つまり軽く漕ぐ程度では前に進まない状況になる。

​*牡蠣の赤ちゃん!ひびといって、牡蠣の赤ちゃんを育てる場所がある。その周辺は鉄パイプなどが沈んでいて、カヤックに刺さる恐れがある。

3.もしも、海上で体調が悪なったら

​*船酔いや、突発的に体調が悪くなることがないとは言えない。そんな時どうやって助けを呼びますか?ガイドがいればカヤックを繋ぎ安全な場所へ移動し助けを呼ぶ。

4.もしもひっくり返ってしまたら‼

​*波や岩により、ひっくり返ってしまったら?1人でカヤックに登れますか?ガイドがいれば、カヤックに入った水を抜き、カヤックに登るのをサポートします。

宮島の自然に惹かれて、自然を満喫する方法を探しているうちにシーカヤックに出会いました。

知れば知るほど、楽しくなるシーカヤック!知れば知るほど楽しくなる宮島の自然!

​皆様が宮島を訪れた、その日、その時々の、最も素敵な場所へご案内します!

資格

​JSCA 日本セーフティカヌーイング協会

アドバンストインストラクター シーガイド取得

春名 優一

Instagram

facebook

Twitter