冬の宮島を満喫!2.5時間シーカヤックツアーがちょうど良い!

更新日:2021年11月7日

寒い宮島をどう楽しむのが良いのか!

12月から3月あたりは、宮島はかなり寒くなります!暖かい瀬戸内海の島、宮島のイメージがありますが対岸の山が白くなることがあります。

宮島は例え、雪が降ってもすぐに溶けて積もることはほとんどありません。が、数年に一度、宮島でも雪が積ることがあります。




宮島は広島の西部に位置し、瀬戸内海といっても日本海から寒波が入ってきやすい場所にあります。

なので冬の宮島は、すごく寒いです。

風がなければ、暖かく感じますが海辺は風が吹くのですごく寒いですね。




実は暖かい?冬のシーカヤックツアー

服装は暖かいインナーに、フリースの上下、レインウエアの上下、水から腰回りを守るスプレーカバー、暖かいグローブ、ネックウオーマー、ニット帽などなど。

寒さ対策をするウエアや装備は全て無料レンタルです!



冬のツアーは雨が降ったり、風が4m/s以上ある場合は中止します。

体温を奪う環境が一番危険です。


11月中頃は紅葉も見ることができます!


冬の浜での休憩はできるだけ短時間にします。浜に上がる必要性がな良い場合は上陸せずにカヤックの上で休憩をします。浜に上がると体温を奪われるので、できるだけカヤックに乗ったまエネルギー補給をしたり暖かいものを飲んだりします!



寒いと甘いものと暖かいコーヒーが欲しくなります!是非、お好みのスイーツを持って冬の海を楽しみましょう!





閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示